株式会社ventus 梅澤優太様(2016年入学)

October 10, 2019

現在の所属と肩書

株式会社ventus 取締役COO/東京大学経済学部4年

卒業(修了)した学部(研究科)・学科(専攻)・年

東京大学経済学部経営学科4年

現在の事業について簡単に教えてください

whooop!は、スポーツチームや選手が「電子トレカ」を発行し、ファンがそれをコレクションしながらチームや選手を支援できるシステムです。

同サービスの導入チームは35を超え、大学の部活チームやフェンシングの協会など幅広く展開をしています。

現在はより各チームや各選手にフォーカスした、「ファン商品」としての電子トレカサービスを開発しています。

新サービスの開発に伴い、規模の大きなスポーツチームや音楽アーティスト向けに展開を強化していく予定です。

起業のアイデアに至るまでのエピソードを簡単に教えてください

スポーツとエンタメ業界でサービスを作るというのが当初からのテーマで、それは今もぶれていません。

その上でアイディアを考えていったのですが、どちらかというとtoC事業、つまりファンに接する事業をやりたいと思いました。

創業当時は動画配信&投げ銭の事業や、暗号通貨に関する事業の勃興期で、そのコンセプトに興味を持ち、それらをアレンジする方向性で話が進みました。

自分自身もスポーツや音楽など何かの「ファン」であったので、自分自身の体験からサービスを形作っていきました。

起業後、現在の主力アイデアに至るまでの変遷やピボットのエピソードがあれば簡単に教えてください

当初はプラットフォームとしてスタートしたサービスなのですが、濃い「ファン」であればあるほどその対象に即したサービスを求めているということに気づき、少しずつ軌道修正しました。

例えば阪神タイガースのファンはオレンジ色のサービスは避けるでしょうし、逆も然りです。そのコンテンツを好きな人が「よくわかってるね!」と思えるようなファン商品を作ることが何より大事だと考えています。

共同創業者とどのように出会い、なぜ共同創業をすることになったのかを教えてください

共同創業者は高校大学の先輩です。どちらもスポーツに打ち込んでいたことから、やりたいことや感覚が一致しました。エンジニアと営業という役割分担もあり、スムーズにことが進んだと思います。

共同創業、というわけではないのですが、初期から一緒にやっているエンジニア達も僕の中高大の同級生です。

今に至るまでほぼ社員全員が誰かしら既存社員の知り合いベースで構成されています。

起業前や起業後で参考になった/今も参考にしている書籍・情報源・記事などがあれば教えてください

https://startupinnovators.jp/ すごいサイトです

将来の東大卒業生起業家に向けて、応援のメッセージをお願いします

一緒に頑張りましょう。

プロフィール

1997年4月21日生まれ、22歳。千葉県出身。

筑波大学附属駒場中・高校を卒業後、東京大学に進学。

大学2年次に株式会社ventusを東京大学の同級生らと創業。今に至ります


FoundX の関連コンテンツ

東京大学 FoundX の各種プログラム

  • Founders Program - 無償の個室提供と各種起業支援プログラム
  • Pre-Founders Program - 起業までの助走期間を支援するプログラム
  • Founders Program - 起業のアイデアを見つけるための支援を行うプログラム
  • Supporters Program - 起業はしないけれど、スタートアップを支援したい東大卒業生のコミュニティ

起業について学びたい