Founders Program

Founders Program is a 9-month program for startup teams who have an idea to pursue. We provide founders community and a room. Founders Program はすでにアイデアを持つチームに向けた、最大9か月間のプログラムです。個室と起業家コミュニティを提供します。

Apply

応募する/Apply Now

現在、2021 年 1 月開始のバッチの参加者を募集しています (2020 年 12 月 1 日 23:59 JST 締切)。 今回は約 5 チームの採択を行う予定です。ぜひFoundXがおすすめする初期のアイデア検証方法をご覧いただき、アイデアの検証を進めてご応募ください。また、応募の前に候補者の皆さんに向けた手紙書類審査の際の評価基準を是非読んでみてください。私たちがどのようなアイデアや起業家を求めているのかを書いています。

We now accept applications to January 2021 batch. The deadline is December 1st, 2020, 23:59 JST. This is a trial batch, so that we accept about 5 teams. If you don’t know if you’re validating the idea, please see FoundX’s recommended initial idea validation method(Japanese). Please see our letter to candidate , our criteria before application. The letter shows what we seek.

応募に関する変更点 / Changes to the application

2020年7月バッチから、<より簡単に><より柔軟に>応募ができるようになりました。 具体的な変更点は下記です。

  • 応募フォームをシンプルにしました。一次選考では、アイディアと連絡先等だけを伺います。
  • 応募締め切りの2週間前までに応募いただいた方には合否を問わずアイディアにコメントします。あなたのアイデアがFoundXのプログラムに合っているかどうかを早期にフィードバックし、あなたのアイデアを再考する機会を提供します。これによりFoundXのプログラムに採択される可能性が高まります。
  • 早期プロセス応募を導入します。早期プロセスとして応募した場合は【このバッチには応募しない】ということを意味します。アイディアが有望と判断されたら、6ヶ月以内の応募であれば一次選考が免除されます。腕試し的にもご応募ください。早期プロセス応募へのフォームはこちらから

つまり、いますぐ起業を考えていない方も、アイディアがFoundXにフィットするかどうか知りたい方も、簡単に応募することができます。

Starting with the July 2020 batch, you can now apply “more easily” and “more flexibly”. The specific changes are as follows

  • The application form has been made simple. In the first round, we will only ask for ideas and contact information.
  • We will comment on your idea if you apply by 2weeks before the deadline, regardless you pass or fail. We’ll give you early feedback on whether your idea is a good fit for the FoundX program and give you the opportunity to reconsider your idea. This will increase the likelihood that the program will be adopted by FoundX.
  • If your idea is deemed promising, you will be exempted from the first round if you apply within 6 months. if you select the early process application that means you will NOT be considered for this batch of candidates but will have a ticket that can be used for 6-months. Early process application form is here.

This means that whether you’re not thinking about starting a startup right now or want to see if your idea fits into FoundX, it’s easy to apply.

Benefits

Founders Programに入ることにより、次のような価値を提供できると考えています。

  1. 作業するスペース / Environment where you can focus on the product development
  2. 相談できる起業家コミュニティ / Peers who start their own business
  3. 進捗をうむペースづくり / Pace making for progress

具体的には、以下のような支援を無償で提供します。

  • プログラム参加者とのコミュニティプログラム (週に1, 2度を予定)
  • FoundX の個室と コワーキングスペースの利用権
  • プロトタイプをデプロイするためのクラウド利用権(例:AWS, GCP)
  • バックオフィス業務の支援
  • FoundX Supporters Programへのアクセス
  • FoundX が主催するイベントやトレーニングへのアクセスへの招待

これらを活用いただくことにより、参加者の皆さんが早くアイデアを実現できるよう支援します。

if you don’t join Founders Program

もし Founders Program がない場合、以下のようなことに時間を費やしてしまうかもしれません。

  • オフィスを探したり、借りるための契約をしたりする時間
  • スタートアップ初期に必要な知識がないことによるミスから脱却するための時間(資本政策など)
  • 顧客インタビュー相手を見つけることにかかる時間
  • 弁護士を探す時間

if you join Founders Program

もしあなたが Founders Program に入ったら、以下のような時間の短縮が行えるかもしれません。

  • プロダクト開発に集中できる時間と場所の確保
  • 顧客インタビュー相手を見つけることにかかる時間の短縮
  • 最初の顧客獲得までの時間の短縮
  • 技術エキスパートを見つけることによる開発時間の短縮
  • スタートアップにありがちなミスを避けて得られる時間
  • 定期的な会合によるアイデア探索のリズム構築
  • Founders Program 卒業生とのつながりによる情報獲得

本プログラムに参加することで得られるものは人のつながりです。同じフェーズの人たちが同じ場所で過ごすことは、他社のプログラムに比べてより深いつながりを提供してくれるものと信じています。

Alumni Voice

ノンエクイティかつ大学発のプログラムなので、直接利害関係が無いメンターたちに事業内容や資金調達について相談できるのが良かったです。(Foundersプログラムでは)個室やバックオフィス支援が与えられるので、売上がまだ無いような状況でも、集中して事業に取り組めます。 さらに、同時期にFoundXに所属していた他の起業家たちと、コーヒーを飲みながら進捗を共有したり悩みを相談しあったりすることができたのもとても楽しかったです。>>Read more Mantra 石渡祥之佑様・日並遼太様・山中武様(Founders Program 201904)

すぐ隣にほぼ同じ時期のFounder達がいて、いつでも相談や雑談出来るところが良かったです。特に同期のMantra、Columnaや、1期あとにFounders Programに入ったDapsからは、多くを貰いました。 特にDapsのサービスに協力したことで、当社のHPがSNS等で共有されていき、それが直接的に取材や資金調達へとつながったんです。まさにFoundXの精神Pay it forwardを実感しました。>>Read more スマイルロボティクス株式会社 小倉崇様(Founders Program 201904)

Overview

Founders Program は FoundX のメインプログラムです。9か月をかけてアイデアとプロダクトを洗練させるための一連のプログラムと、創業者に必要な基礎的なスタートアップに関する知識を提供します。9か月間はおおよそ以下の 3 つのフェーズになると考えています。ただしチームによっては流れが大きく変わることもあります。

  1. 最初の三か月:顧客開発とプロダクト開発
  2. 次の三か月:トラクション作りと資金調達ストーリー作り
  3. 最後の三か月:ピッチ練習と資金調達

それぞれの3か月の標準的なお願いについてはこちらをご覧ください。

Fouders Program is a 9-month program. We provide training and supports for founders to develop their products and to get basic knowledge and funding.

Attendees would spend the 9 months as below:

  1. First 3 months: customer development and product development
  2. Next 3 months: traction and story development for fundraising
  3. Last 3 months: pitch training and fundraise tour

batch

More than a room

Founders Program は起業家同士の学びと貢献をとても重視するプログラムです。そのため、以下のような期待値をもってご応募ください。

  • 起業家コミュニティを作るためのプログラムへの参加を強く要求します(※最低週1.5時間程度です)。個室を無償でお貸ししているのも、起業家同士が近くにいる環境を作るためです。
  • 事業成功のために、どんな支援が必要ですか?ということを何度もうかがいます。私たちは、ネットワークを利用して多くの人の支援を受ける方が、成功により近づくと考えています。そのため、卒業生ネットワークを活用したい、という方向けのプログラムです
  • 社会的意義があったり、技術的に興味深いアイデアは、サポーターから多くの支援を受けられる傾向にあり、プログラムでもそうしたアイデアを採択します。
    • このビジネスはNPOであってもやりたい事業だけれど、スケールのために株式会社という手段を選んだ」と言えるかどうかが一つのセルフチェックの問いになると思います。

私たちは Founders Program というプログラムを通して、東京大学卒業生の起業家同士が助け合い学びあうためのつながりを作ることを目指しています。

その志を共有いただける方にはプログラムを活用いただける一方、無償の個室だけを求めている方には少し要求の多いプログラムのように映るかもしれません。本プログラムのお互いの期待値の詳細については、「FoundX と他のプログラムの違い」も参照してください。

Who can apply

応募条件は以下の通りです。

  • プロジェクトの創業者 (CEO や CTO) の中に、東京大学・東京大学大学院の卒業生、現役生、研究者、元研究者が1名以上含まれているチーム
  • 上記に該当する1名がフルタイムで本プロジェクトに参加していること
  • 上記に該当する1名が平均すると週に 4 時間程度、プログラムのイベントや活動等 (*) に参加ができること(他チームとコミュニケーションをする時間を取ること)
  • 上記に該当する一名の個室の稼働率が平日で 40% 以上(平日のデイタイムに週 16 時間以上)である(FoundX に部屋を構える意味があり、他チームとコミュニケーションをする機会があること)
  • チームメンバー数は4名以下であること(ただし1名でも構わない)
  • スケールするプロダクトを作る意思があること
  • 開発のイテレーションを回すために、フルコミットに近い形での開発者が1名以上いること(製品開発の外注は基本的に不可)
  • 資金調達額が 3,000 万円以下であること
  • 実働しているチームメンバーが合計で 85% 以上の株式を保有していること

応募条件を定めた背景:人数や資金調達に関する制約は、単に部屋の制約ではありません。最初期は極力リーンかつブートストラップで始めることをプログラムとしてお勧めしています。また創業者同士のコミュニケーションを促進することがプログラムのメリットであるため、最低限の参加時間を設けさせていただいています。私たちは単なる場所貸しではないため、条件に合わない場合は別のプログラムを探されることをお勧めします。

(*) 定例ディナーやトレーニング、ピアメンタリング、次期バッチの面接などの活動。なお、現在の定例イベントは火曜と木曜の夕方ごろに実施しています。その他、任意参加の定例の講義などがあります。

Requirements for application as follows:

  • One of the co-founders should be an alumus, a student, a researcher, an ex-researcher of the University of Tokyo
  • The co-founder should participate the program in full-time work
  • The co-founder should engage the project in full-time work
  • The co-founder can spend about four hours in each week for the activities of this program (*)
  • The co-founder’s room utilization rate should be more than 16 hours (day time, weekday)
  • The number of people should be less than 5
  • You are going to create a product for scale
  • A full-time developer is involved in the team to iterate product improvement (a contract developer is not acceptable basically)
  • Your company has not raised more than 30M yen by equity finance in total
  • The main team members have more than 85% of equity

Background of the requirements: The requirements don’t mean our room limitation. They show our culture. We recommend you are lean and bootstrapped as long as you can. If you don’t align with our requirements, we think it is better for you to choose different programs to pursue your idea.

(*) dinner event, training, peer mentoring, interview, etc

Tips for application

  • 個人ではなくチームでの応募を推奨しています
  • 登記前でも参加可能です
  • 対象とするスタートアップの領域や分野はありません。ですが、将来的に大きな規模になるスタートアップを優先して採択します。

もしあなたがアイデアを持っているものの、まだ仲間がそろっていなかったりフルタイムでコミットできないのであれば、FoundX Pre-Founders Program をお勧めします。最大6か月間のプログラムです。

もしあなたがまだアイデアも仲間も揃っていないのであれば、FoundX Fellows Program へご応募ください。追いかけるべきアイデアを皆さん自身が見つけるための 6 か月の個人向けプログラムを用意しています。

  • We recommend application as a team, not individual
  • You can apply before incorporation
  • We do not limit any verticals. But we accept startups which are going to be big

If you have not ideas and teammates, we recommend FoundX Fellows Program, which is a 6-months program for helping you to find ideas.

Evaluation

1次審査の際の私たちの評価基準を公開しています。応募の前にぜひ一度目を通してみてください。

Our rubric of the interview is public. Please read it before you apply.

Requests

Founders Program への参加チームは、期間中に応募条件を常に満たしていただく必要があります。ご了承の上応募してください。また部屋の利用やプログラムへの参加が不十分だった場合は、プログラムとの相性が悪かった(私たちからの支援が不要だった)と考え、プログラムを途中で退出いただくことになります。ご了承ください。

例)

  • 3か月ごとの席替え
  • 定例会やピアメンタリングへの参加(毎週 1.5 時間程度)
  • 次のバッチのインタビュー(3か月に1度、1時間程度)
  • Fellows Program 参加者とのメンタリング (30 分程度)

What Happens

応募からプログラムが終わるまでに何が起こるかを簡単に解説します。

Early application

応募締め切りの約2週間前までにご応募いただきますと、合否を問わずアイデアについてスタッフから簡単にフィードバックコメントをいたします。

1st application

アイデアについて審査します。 審査項目求めるアイデアを公開しています。 締切後、選考プロセスに入ります。締切後に連絡を行いますので、それまで今しばらくお待ちください。

2nd application

アイデアの詳細に加え、チームやコミットメントなどについて伺います。 加えてフォームが入力された後、チームの個人にメールが配信され、メンバー全員の学歴と職歴についてお伺いさせていただきます。 1次審査合格通知の2,3日後までにご提出いただきます。 審査項目を公開しています。

Interview

FoundXとのカルチャーフィットやコミットメントについて40〜50分ほどお話します。 FoundXのほぼ全員のスタッフが面接します。FoundX に所属する Founder も面接に加わることがあります。 審査項目を公開しています。

Paperwork

通過した方々には、利用にあたっての説明書や誓約書をお送りします。また初回の Kickoff ミーティングの案内を送ります。

Kickoff

Kickoff イベントを行います。今後の予定について話します。

Weekly Regular Meeting

9か月間のプログラム期間中、毎週特定の時間帯(火曜日18時)にバッチを集めたミーティングを実施します。 また Peer-triad と呼ばれるピアメンタリングも開催されます(木曜日16時)。

Bi-weekly OKR Meeting

リズムを作るために、進捗をお互いに共有するミーティングが行われます。

Funraising

最後の三か月は主に資金調達のために使っていただく想定でいます。FoundX はそのサポートを行います。

Intros and Connections

必要に応じて、FoundX Supporters や、その他の方々と繋いで、アイデアの検証を支援します。

Milestones

3か月ごとにチェックインを行い、個室の移動を行っていただきます。

また3か月ごとに、次のバッチの Founders が入ってきます。

Interview for founders candidates

次のバッチの Founders Program へのインタビューをしていただきます。

Graduation

9か月の期間終了後、または 3,000 万円以上の資金調達が実施された段階で、Founders Program から卒業いただきます。卒業後は海外の他アクセラレータへの推薦や、助成金の獲得の支援などを行います。

Others

  • 個室を一定以上利用するチームを採択します。また採択後、利用率が低い場合は個室の利用権を別のチームに移す場合があります。これはバッチの期間中でも起こります。
  • フルタイムの職を持っているチームでも参加は受け付けます。ただし Founders Program が提供するプログラムをすべて受講できる場合に限ります。条件が満たせなかった場合はプログラムの途中で参加資格を失います。

Case

卒業生のインタビューをご覧ください。

FAQ

資金はもらえますか?(投資してもらえますか?)

いいえ、本プログラムでの資金提供や投資は行いません。

参加費用は必要ですか?

いいえ、必要ありません。

資金調達にはどのようなものが含まれますか?

自社の株や Convertible Note、SAFE、J-KISS などを提供する代わりに、第三者に資金を提供してもらった場合、資金調達が実施されたと見なします。助成金(未踏などを含む)は含まれません。

プログラム期間中に資金調達を行った場合はどうなりますか?

プログラム期間中に 3,000 万円以上の資金調達を行って着金された場合、プログラムを卒業していただくことになります。個室についても利用権利がなくなるため、資金調達を開始した時点で、次の場所の行き先について検討しておいて下さい。

共同創業者の基準は何ですか?

10% 以上の株式を持つ人(創業前の場合は、その予定の人)を共同創業者と見なしています。

参加にあたり、プログラムに対して株式を渡す必要がありますか?

いいえ、FoundX Founders Program は Non-Equity のプログラムです。ですが、本プログラム卒業前もしくは資金調達前に、東京大学への寄付という形で Stock Option を発行いただく場合があります。ただし寄付なので強制ではなく任意です。

個室の指定はできますか?

いいえ、できません。また三か月に一度個室の配置変えを行わせていただきます。

受託企業ですが参加できますか?

いいえ。何かプロダクトを作ることを前提としたチームが応募条件となります。「受託をしながら製品開発をする」という場合は、フルタイムのコミットではないとみなして、状況に応じて評価が少し落ちる場合があります。

学生ですが参加できますか?

休学してフルタイムでプロジェクトにコミットする場合は可能です。ただし学業を続けながら起業をする場合は、例外を除いて採択に至りません。 私たちのスタンスとしては、学生の皆さんは起業ではなく学業を続けることをお勧めしています。もしくは東京大学本郷テックガレージで技術プロジェクトとして続けてください。

FoundX Founders Program 以外に、並行して複数のアクセラレーションプログラムに参加可能ですか?

はい、可能です。しかし、あまりお勧めしていません。理由は、その他のプログラムの活動に時間が取られるためです。私たちは、スタートアップのチームがプログラムのために割ける時間は週 4 時間程度と考えてプログラムを設計しています。それ以上の時間を製品開発や顧客との時間以外に使うのはお勧めしていません。

複数のアイデアを応募できますか?

いいえ、一応募あたり1つのアイデアまでとさせていただきます。

異なるバッチであれば何度も応募できますか?

はい、異なるバッチであれば何度でも応募可能です。同じアイデアでも構いません。

不採択となった理由を教えてくれますか?

いいえ、申し訳ありませんが、不採択の理由についてフィードバックすることはできません。